FC2ブログ

史団連交歓会

皆さんこんにちは。今日(20日)は曇り時々晴れの天気でした。風もやや強かったです。
最低は13℃、最高は22℃でした。最低は今秋初めての13℃でした。

今日は郡山史団連の交歓会があり、参加して来ました。
郡山市内にある13の郷土史会の面々が一堂に会して、交歓会をします。
今年は富久山郷土史研究会が当番でした。
午前中に各会から報告があり、午後は当番(富久山地方史研究会)の案内で当番の地域の歴史的な遺跡を巡りました。

午後の史跡巡りの一二をアップします。

午後1番に旧奥州街道沿いにある「伊藤肥前の碑」を見学しました。
碑

「伊藤肥前の碑」の案内板です。
案内板1

そしてやや離れた場所にある「小十郎坦」です。郡山合戦の時に片倉小十郎が陣を置いた所とか。
小十郎坦

「小十郎坦」の案内です。
小十郎坦の案内板

小十郎坦からそれほど遠くないところに伊達政宗が本陣を置い場所があります。現在は麓山神社が鎮座します。
麓山神社

本陣跡の案内板です。
本陣案内板

この両陣地のある場所は福原字陣場という住所です。小字名に陣場がそのまま残っていました。
この後、今はスポーツ広場になっている大鏑舘跡や寳沢池を見て、3時半頃終了となりました。

郡山には旧町村単位に郷土史会があります。
若い人たちは郷土史にはあまり関心が無いらしく、60、70、80代の方々がほとんどでした。
急激に変貌する郷土ですが、関心のない方にとっては遺跡などは意味を持たないようです。
大きな工場や事業所、あるいは住宅団地の造成によって跡形もなくなってしまった遺跡は結構多いようです。

郷土史会が多くの市民にそのような歴史があったということを発信していくことが、大変重要であると思っています。

今日も訪問ありがとうございました。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イングリシュガーデン

Author:イングリシュガーデン
守山周辺の出来事を少しずつご紹介いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR