FC2ブログ

古文書講習会

皆さんこんにちは。今日(23日)は朝から晴れ時々曇りの天気でした。やや風もありました。
最低は氷点下1.5℃、最高は9℃でした。

今日の午前中は「古文書講習会」があり、出席してきました。
今回のテキストです。全49ページあります。

テキスト
郡山地方史研究会、市団連共催の講習会です。今年は第51回になります。

何冊かバックナンバーも残ってます。

バックナンバー

平成30年度は戊辰戦争150年だったので、第51回の講習会は戊辰戦争関係の古文書でした。
今日は郡山の検断職をしていた今泉家の文書からでした。

今泉文書
賊徒(東軍)に街が焼かれて命からがら逃げたとか、書いてあります。

今泉家の文書の講師は柳田和久氏でした。出席者は80名ほどでした。

講習会風景

「樫村家年中日記留」の講師は大河峯夫氏でした。守山藩の戊辰戦争について講義してます。仙台の台の旧字体や異体字について板書してます。
2
大河氏は「守山藩御用留帳」や「樫村家年中日記留」のエキスパートです。

この講習会は2月から3月の土曜日に6回程開催されます。毎回2名の講師が数ページずつ講義します。
5回は近世文書、最後の1回は中世文書です。

聴講生は100名ほどですが、出席者は80名ほどです。
自分のように毎年参加している人が多いです。

今日も訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、

古文書講習会の聴講生の皆さんの生徒数の
多さに驚きました。

イングリッシュガーデンは江戸期に書かれた
古文書なども解読されますか。


ビリーさんへ

お早うございます。コメントありがとうございます。
聴講生、結構多いですよね。ここ10年くらい増えてます。
3,40代から7,80代までおります。女子も結構います。

この「古文書講習会」も「田村町郷土史研究会」も江戸時代の文書が中心です。
「古文書講習会」はこの2,3月に6回ですが、「田村町郷土史研究会」は月2回なので密度が濃いです。
古文書は人それぞれ書きぶりが違うので、何年やっても難しいですね。
やってて面白いのは当時の人の考え方や、暮らしぶりが分かる所でしょうか。
プロフィール

イングリシュガーデン

Author:イングリシュガーデン
守山周辺の出来事を少しずつご紹介いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR