FC2ブログ

大京都展 その2

皆さんこんにちは。今日(27日)は晴れ時々曇りで、やや風もありました。
最低は氷点下7℃まで下がりました。朝方は寝室まで冷えてきました。寒いとなかなか寝付けないのでオイルヒーターの設定温度を上げました。すると間もなくグッスリでした。
最高は3℃でした。

今日の午前中は須賀川の公園で吟行、午後は句会でした。10名が参加しました。
寒かったですね。早く句会の会場へ移動したかったのですが、皆同じ思いのようでした。
いつもより小一時間早めに句会場へ移動しました。

今日は「大京都展」その2です。
このジュバンセルの竹取物語は栗と黒豆がたくさん入っていて、洋酒の風味がいいですね。

ジュバンセル
日持ちするので、年末に取り寄せて、お遣い物にします。

竹取物語の左にあるクグロフは翠一福(みどりいっぷく)です。
今回はこの富士山型の菓子を買ってきました。

翠一福
京都のお菓子は銘がいいですね。竹取物語とか翠一福とか。

箱の中から出てきたのはこの様な菓子でした。

クグロフ
抹茶が練り込んであったり黒豆が入っていたりと和の素材を使用しているようです。この菓子の説明書きに「・・・・ひとときの口福をお楽しみください。」とあります。’口福’とはオシャレですね(笑)。

ジュバンセル祇園店は下河原通に面していますが、2階にあるので分かりづらいですね。
抹茶フォンデュが有名ですが、待ち時間が長いので食べてはいません。
若いカップルでいっぱいです。

京都には和菓子の老舗や洋菓子店や和洋折衷の新しいお菓子屋さんが目白押しですが、長く愛される店が生き残るのでしょうね。
先達て、錦小路堺町上がるにあった「サロン・ド・テ・オ・グルニエドール」が惜しまれつつ閉店しました。ここのオーナーの自分で店を出し自分で店を畳むっていう潔さには敬服しました。自分もこちらでケーキをいただいたことがありました。あの時は偶然1席あいていたので待たずにオーダーできましたが、その後は続々と並んでいました。

京都の面白さっていうのは和の老舗もあるかと思うと、新しい洋菓子店も結構あるという所ですね。
それだけ利用客がいるということなのでしょうか。
そういう自分もその一人ですかね。

今日も訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イングリシュガーデン

Author:イングリシュガーデン
守山周辺の出来事を少しずつご紹介いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR