FC2ブログ

守山史談会新春特別講演会

皆さんこんにちは。今日(26日)は朝のうち雪、その後は曇りで経過しました。
最低は氷点下2℃、最高は3℃でした。

朝は雪が10センチほど積もっていました。新聞配達さんが4時前後に来るのですが、足跡が無かったので、4時過ぎに積もったのだと思います。

雪

今日は守山史談会の新春特別講演会がありました。
講師は七海晧奘(ななうみこうそう)氏。郡山の歴史家です。演題は「田村郡と田村麻呂説話」でした。
講演する七海晧奘氏

七海晧奘氏
手に持っている本は著書の「安積(あさか)」です。
後ろの掛け軸は清水寺、森清範貫主の揮毫です。(レプリカですが。)
机の上にある額には紫香楽の宮跡から発見された木簡のレプリカです。
 阿佐可夜・・・・
 難波津・・・
の2枚です。
紀貫之が古今和歌集仮名序にこの両歌は和歌の父母と綴っているものです。
この件に関しましては昨年の10月20日にアップしてますのでご覧あれ。

七海氏の本日のレジュメです。

レジュメ
当地方には田村町徳定(とくさだ)で田村麻呂が生まれたという伝説があります。

七海氏は万葉集が敗者の文学という考えの持ち主です。
当時の権力者は藤原氏、それに敗れた人たちの歌が大変多いと述べられています。

田村麻呂や安積親王、橘諸兄(葛城王)、大伴家持などを網羅された話を展開されていました。

今日も訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イングリシュガーデン

Author:イングリシュガーデン
守山周辺の出来事を少しずつご紹介いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR