FC2ブログ

守山の戊辰戦争

皆さんこんにちは。今日は1日曇りの日でした。

午前中は吉川貞司先生の「守山の戊辰戦争」の講演会があり、聞いてきました。

ポスター
40名近くの方々が参加されました。

講演する吉川先生。御年88歳です。1時間半の講演をこなされていました。

講演する吉川先生

聞き入る人々。
聴衆
ほとんどシルバーの方々です。若い人たちは郷土の歴史にあまり関心が無さそうです。

守山藩は水戸の分家(御連枝)でした。幕末には水戸で天狗党の乱があり、藩内部で相克がありました。一時天狗党(尊王攘夷激派)が弾圧されましたが、その後復権しました。守山にもその余波は及びました。
天狗党復権の後、守山藩は「会津追討先鋒」を・・・という考えもありましたが、結果的に奥羽列藩同盟に参加します。
守山藩は常陸にも松川という領地があり、本家水戸家とは目と鼻の先でした。

守山藩は奥羽列藩同盟と尊王派の間を揺れていたようです。

奥州の守山藩はそういうこともあり、戦わずして降伏しました。
その後、新政府の支配の一端を担うことになり、大変な思いをしたようです。

今日も訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イングリシュガーデン

Author:イングリシュガーデン
守山周辺の出来事を少しずつご紹介いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR