FC2ブログ

大安場古墳 その2

皆さんこんにちは。今日(21日)は重ーい雲が垂れ込めて時折雨も。午後は薄日も差しました。
最低は昨晩(20日)から今朝6時頃まで20℃台で推移。最高は午後に28℃でした。蒸し暑いです。

天気図を見ると南から太平洋の高気圧が張り出してきたので、南風が吹きよせ、いよいよ暑い夏に突入でしょうか。

午前中は雨もパラついたりして、本など読みました。

お昼に「福島県内【1本桜】番付表」に守山の「弥明の桜」を載せる打合せをしました。「桜を愛するアマチュアカメラマンの会」の主催です。

午後は「田村町郷土史研究会」の古文書の学習会でした。いつものように樫村家の「年中日記留」天保三年と「御郡方御用留帳」寛延三年でした。
「年中日記留」天保三年は七月十日から十三日まで。次回は十四日になるのでお盆ですね。
「御郡方御用留帳」寛延三年は七月廿六日から八月三日まで勉強しました。

大安場古墳の2回目です。

墳頂部から午(南)の方角を望みます。台地状になっており畑が続きます。

午

酉(西)の方角は平地が広がり、豊かな穀倉地帯が広がっています。おそらく古墳の主はこの平野で財を成したものと思われます。今は市街地になっている部分が増えてます。
酉

卯(東)の方角はやはり畑が広がっていましたが、今は住宅f団地になってます。
卯

子(北)の方角には2号墳が見えます。その向こうの森の中には白幡神社が鎮座してます。
子

木棺の足の部分には鉄の道具類が。
南

手の近くには鉄の武器類が。
中

頭の近くには腕輪形石製品がありました。
北
四方を見渡せる、つまり自分の支配している領域が見渡せるところに隠れたのですね。

今日も訪問ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イングリシュガーデン

Author:イングリシュガーデン
守山周辺の出来事を少しずつご紹介いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR