FC2ブログ

守山城址

皆さんこんにちは。今日(24日)は晴れ時々曇り。暑い一日でした。最低18℃、最高28℃でした。
午前は須賀川へ園芸用品の買い物。
午後は草花の植え替え。そして、クワゴを摘んで、カミさんがそれをジャムに。

今日は守山城の紹介です。戦国時代の城です。

標示板

二の丸と三の丸の間には空堀がありますが、二の丸の斜面は石垣になってます。堀はもう少し深いのですが、若干埋め戻されています。石垣の上は二の丸。
石垣

石垣に近づいてみると・・・。穴太の衆の石積み、野面積みです。
野面積み

二の丸は平面に。往時にはいろいろな建物がありました。
二の丸

二の丸から本丸を望む。今は守山の鎮守、八幡神社が鎮座しています。
本丸

本丸の土手にひっそりと咲く、ホタルブクロ。
ホタルブクロ
江戸時代にはすでに城は無く、守山藩が置かれても藩主は江戸定府。守山には藩士数名が陣屋に駐在していました。
今日も訪問ありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

つわものどもの夢の跡ですね。
城跡って、なんかロマン感じます。
千葉の佐倉にも堀田の城跡ありますけど、
今はなーんも残ってませんわー。

onorinbeckさんへ

お早うございます。
お城に天守閣があったり、有名な殿様が住んでいた、なんていうと
保存されるのでしょうが、名もない大名の城では・・・。
そういう城でも、後世の人たちが残そうとすればある部分は残りますね。
守山城の石垣の様に。
やっと、地元の郷土史家や自治会関係者の努力によって、昨年、市の史跡指定を
受けるとともに、市に買収してもらい整備することが決まりました。

Re: 樫村家二系統目子孫

樫村薬局は今はありませんね。薬局の敷地は田母神建設のものになってます。
どちらに行かれたのかは分かりませんが、明日郷土史会があるので聞いてみます。
樫村顕親は守山藩に幕末に江戸から派遣された、数名の藩士の一人だと思います。
樫村顕親の作成した「大元明王記」のコピーを持ってますが、
守山に残っていたいくつかの大元明王関係の文書を写し取ったものです。
(大元明王は今は田村神社となってます。)




> プログの橋本でございます。
> 幼少期の昭和45年頃に父の祖母の樫村サイもしくはその子孫が虎丸に住んでおり私も父に連れられて一度行った記憶があります。確かに樫村薬局を守山で継いでいると言う話も聞きましたが、今は連絡先も不明となっています。
>
> 家系図で樫村顕親なら名前までは遡ることができましたがが守山藩に関係していたのか、どんな仕事をしていたのか、その先代はどこの誰なのか等を調べようと思っておりました。
> なお守山での戸籍記録は守山中町20番地であったと記録がありました。今は田母神建設があるところなのかもしれません。
>
> お時間を取らせてしまって大変申し訳ありませんが、お時間あるときにもし情報が見つかればお教え頂きたく存じます。
> 今後ともよろしくお願い致します。
プロフィール

イングリシュガーデン

Author:イングリシュガーデン
守山周辺の出来事を少しずつご紹介いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR