FC2ブログ

1月31日

皆さんこんにちは。今日で1月も終わりですね。割と暖かな1月だったかなと思います。昨年は4日連続真冬日なんてこともありましたが、今年の1月は真冬日がありませんでした。
今日も朝から陽射しがあり、日中は暖かでした。
最低は氷点下3℃でしたが、最高は8℃まで上がりました。

たまに外に出て写真を撮りましたが、こたつでパソコンを打ってました。
今日締め切りの原稿を打ってました。

午後は公民館長さんから電話があり、来年度の協力行事について打合せをしてきました。
庭などに芽を出している植物たちです。
サンシュユの下に芽を出しているペチコート水仙です。

ペチコート水仙

裏庭の坂道の脇に芽を出したスノーフレークです。
スノウ
もう関東以西では花を付けているようですね。

フクジュソウかと思って近づいたらタンポポでした。直径2センチほどの花を付けていました。

タンポポ
これはがくが反り返っているので西洋タンポポだと思います。

この寒いのに青々と葉をつけているペチュニアです。

ペチュニア
キンギョソウやバーベナを中心とした寄せ植えでしたが、いつの間にかペチュニアに乗っ取られてしまいました。

1,2月は色彩の無い世界。その中でフクジュソウやタンポポ、ロウバイが黄色の色彩を放っています。
2月に入るとフクジュソウはますます開いてくるでしょう。
ロウバイはやや萎れてきましたが。

今日も訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト

30日の光景

皆さんこんにちは。今日(30日)は朝から快晴の一日でした。風も無く穏やかでした。
最低は氷点下0.5℃、最高は7.5℃でした。

今日の午後からは郡山市田村町観光協会の新年会でした。
市の文化財担当の職員から「田村町の文化財」についての講演がありました。

その後は懇親会でした。

午前中、天気がよかったので上の花畑へ行って来ました。
キンギョソウです。一昨年植えた種がこぼれ落ちて生えた苗です。

キンギョソウ
寒風に当たって、薹の立っている所はヨレヨレです。

ジキタリス、こちらも一昨年、昨年と種がこぼれ落ちて生えた苗です。

ジキタリス
左上の方にリナリア、前から右にかけてラークスパーが生えてます。リナリアもラークスパーもこぼれ種からです。

このペンステモン・ストリクタスは昨年植えました。

ペンステモン

26日降った庭の雪は大方融けました。
松

今日の陽射しです。28日より畳2目ほど、日脚が延びてます。毎日1目ずつ伸びているようです。
陽射し
このままいけば、2月下旬までには畳から陽射しが無くなるようです。
2月は太陽高度が少しずつ高くなり、陽の光も少しずつ春らしくなってきますね。
朝も1分ずつ早くなり、夕方は1月から1分ずつ、合計2分ずつ日が延びていきます。

気温はまだまだ低いですが春は確実に近づいてます。

今日も訪問ありがとうございました。

昨日の光景

皆さんこんにちは。今日(29日)は朝から曇ったり晴れたり、時に雪が吹きかけたりと寒い日でした。風も結構ありました。
最低は0.5℃だったので氷点下の冷え込みはありませんでした。最高は3.5℃でしたが風があったので体感は寒かったです。

さーっと晴れたかと思うとやがて曇って雪が流れてくるという繰り返しの一日でした。
西高東低で寒気が吹きだしてきているのですね。

今日は一日、パソコンに向かって原稿を書いてました。

昨日(28日)は天気がよかったので、写真を撮りました。
花畑からの眺めです。

眺め
26日に降った雪がまだ残っています。寒中なので平地でもなかなか消えませんね。

ミシラズ柿2本も熟した実を全部落し寒々としています。でも空は青かったです。

ミシラズ柿

裏の土手のフクジュソウがチラホラ咲き始めました。
フクジュソウ

28日正午の陽射しです。ちょうど畳の真ん中です。だいぶ日脚が伸びてきました。
正午の陽射し

天気がいいと写真を撮る気にもなりますが、今日のように風が吹いたり雪が流れてきたりすると外に出る気にもなりません。
こんな時はこたつの中でパソコンで原稿書いたり、本を読んだりするのがいいですね。

こたつも昔は練炭でしたが、その後電気こたつになりました。ただ、今一熱くなりません。
その後、温風ヒーターからホースで温風を吹き入れていますが、これが結構暖かくていいですね。
掘りごたつなので下半身があったまります。上は綿入れ半纏を着用するのが定番です。
それでも寒いときは石油ストーブを焚きますが、結構暖かく過ごしています。

自分は薪ストーブが欲しいのですが、燃料や家の構造を考えるとなかなか踏み込めないですね。
昔は囲炉裏で家の中があったまりましたが、火が無いとやはり寒いです。

今日も訪問ありがとうございました。

大京都展 その3

皆さんこんにちは。今日(28日)は朝のうち曇ってましたが、10時頃より晴れてきました。寒中なのに暖かさを感じる日となりました。
最低は氷点下2℃、最高は7℃でした。


今日は「大京都展」の続きです。
イノダコーヒ―のコーナーです。

イノダコーヒ―
向こうにはイートインがあります。いつも満席、空きを見付けて座りました。

そちらではこんなカップでいただきました。

カップ

いつも砂糖とミルク入りのアラビアの真珠です。
アラビアの真珠

挽きを一袋買って帰りました。
挽

京都のコーヒーって濃いって感じです。
イノダの清水店でブラックで飲んだことありますが、濃くて飲めませんでした。それ以来、砂糖とミルクを入れてもらってます。

JR嵯峨嵐山駅北側、丸太町通りに面してコーヒーショップヤマモトがありました。敷地内で自家焙煎しているようです。
たまたまこちらのコーヒーで一服したことがありましたが、始めから砂糖ミルク入りでした。
やっぱり、この方がうまいです。
それ以来、京都のコーヒーは砂糖とミルクを入れて飲んでます。

京都から取り寄せるもの。
イノダのアラビアの真珠、ジュバンセルの竹取物語、一保堂の新茶などでしょうか。
これらはお遣い物にしても喜ばれるようです。

今日も訪問ありがとうございました。

大京都展 その2

皆さんこんにちは。今日(27日)は晴れ時々曇りで、やや風もありました。
最低は氷点下7℃まで下がりました。朝方は寝室まで冷えてきました。寒いとなかなか寝付けないのでオイルヒーターの設定温度を上げました。すると間もなくグッスリでした。
最高は3℃でした。

今日の午前中は須賀川の公園で吟行、午後は句会でした。10名が参加しました。
寒かったですね。早く句会の会場へ移動したかったのですが、皆同じ思いのようでした。
いつもより小一時間早めに句会場へ移動しました。

今日は「大京都展」その2です。
このジュバンセルの竹取物語は栗と黒豆がたくさん入っていて、洋酒の風味がいいですね。

ジュバンセル
日持ちするので、年末に取り寄せて、お遣い物にします。

竹取物語の左にあるクグロフは翠一福(みどりいっぷく)です。
今回はこの富士山型の菓子を買ってきました。

翠一福
京都のお菓子は銘がいいですね。竹取物語とか翠一福とか。

箱の中から出てきたのはこの様な菓子でした。

クグロフ
抹茶が練り込んであったり黒豆が入っていたりと和の素材を使用しているようです。この菓子の説明書きに「・・・・ひとときの口福をお楽しみください。」とあります。’口福’とはオシャレですね(笑)。

ジュバンセル祇園店は下河原通に面していますが、2階にあるので分かりづらいですね。
抹茶フォンデュが有名ですが、待ち時間が長いので食べてはいません。
若いカップルでいっぱいです。

京都には和菓子の老舗や洋菓子店や和洋折衷の新しいお菓子屋さんが目白押しですが、長く愛される店が生き残るのでしょうね。
先達て、錦小路堺町上がるにあった「サロン・ド・テ・オ・グルニエドール」が惜しまれつつ閉店しました。ここのオーナーの自分で店を出し自分で店を畳むっていう潔さには敬服しました。自分もこちらでケーキをいただいたことがありました。あの時は偶然1席あいていたので待たずにオーダーできましたが、その後は続々と並んでいました。

京都の面白さっていうのは和の老舗もあるかと思うと、新しい洋菓子店も結構あるという所ですね。
それだけ利用客がいるということなのでしょうか。
そういう自分もその一人ですかね。

今日も訪問ありがとうございました。

守山史談会新春特別講演会

皆さんこんにちは。今日(26日)は朝のうち雪、その後は曇りで経過しました。
最低は氷点下2℃、最高は3℃でした。

朝は雪が10センチほど積もっていました。新聞配達さんが4時前後に来るのですが、足跡が無かったので、4時過ぎに積もったのだと思います。

雪

今日は守山史談会の新春特別講演会がありました。
講師は七海晧奘(ななうみこうそう)氏。郡山の歴史家です。演題は「田村郡と田村麻呂説話」でした。
講演する七海晧奘氏

七海晧奘氏
手に持っている本は著書の「安積(あさか)」です。
後ろの掛け軸は清水寺、森清範貫主の揮毫です。(レプリカですが。)
机の上にある額には紫香楽の宮跡から発見された木簡のレプリカです。
 阿佐可夜・・・・
 難波津・・・
の2枚です。
紀貫之が古今和歌集仮名序にこの両歌は和歌の父母と綴っているものです。
この件に関しましては昨年の10月20日にアップしてますのでご覧あれ。

七海氏の本日のレジュメです。

レジュメ
当地方には田村町徳定(とくさだ)で田村麻呂が生まれたという伝説があります。

七海氏は万葉集が敗者の文学という考えの持ち主です。
当時の権力者は藤原氏、それに敗れた人たちの歌が大変多いと述べられています。

田村麻呂や安積親王、橘諸兄(葛城王)、大伴家持などを網羅された話を展開されていました。

今日も訪問ありがとうございました。

市愛さん

皆さんこんにちは。今日(25日)は朝のうちは曇り、昼頃より陽射しが出て来ました。
最低は0℃、最高は5℃でした。

午前中は行政区長さんの所に行って来ました。

午後は天気がよかったので竹薮の整理をしました。

夕方は街まで野暮用足しに行って来ました。

うすいデパートで「大京都展」が開催されてます。
23日、24日には先斗町から舞妓ちゃんがやって来て舞を披露しました。
こちらの舞妓ちゃん先斗町の「舛之矢」の市愛さんです。

1
舞妓になって、まだ1年ちょっと、17才とのことです。

3曲ほど披露しました。集まった方々、華やかさ優雅さに見とれていました。

2

3

舞が終わると店の中を散歩してました。話しかけると気さくに応じてくれました。「よろしゅ、おたのもうします。」
4
ぽっくりを履いているので背が高いですね。

後ろ姿です。だらりの帯の一番下に紋所が入ってます。

5
舛之矢さんの若女将も見えていました。

その昔、先斗町の歌舞練場で行われた「鴨川をどり」のフィナーレで芸妓・舞妓さんが手ぬぐいを蒔きました。
市梅さんという舞妓さんが蒔いた手ぬぐいがナント自分の膝の上に飛んできました。その手ぬぐい今も大切に取ってあります(笑)。

市の字を持つ市愛さんに市梅さんの消息を訪ねたところ、もう辞められたということでした。それは残念。

京都の花街のお茶屋で遊んでみたいなんて、男の野望ですが、それは実現しそうもないので「都をどり」や「鴨川をどり」「京をどり」を見せてもらってます。美しくて雅でいいですねえ。

今日も訪問ありがとうございました。

大京都展

皆さんこんにちは。今日(24日)は晴れ時々曇りの風の強い一日でした。時折、雪も飛んできましたが積もりませんでした。
最低は氷点下1℃、最高は2℃でした。
最高が2℃でもガラス越しにさし込む光はとても暖かでした。

今日は午前中から街の「うすい」デパートに行って、「大京都展」を見てきました。
毎年、1月の下旬に行われる恒例の展示会です。
今年は先斗町の舞妓さんも来郡して舞を披露していました。

初めにお気に入りの店舗です。
笹屋伊織のどら焼きがありました。

笹屋伊織
こちらのどら焼き棒状で切って食べます。ずーっと以前は珍しくてよく買いました。
京都大丸の地下にこちらの和カフェ「イオリ」があり、時々季節の和菓子を食べてきます。

聖護院八つ橋も来てました。昔からの固い八つ橋です。ちょっとつまませてもらいました。

八つ橋
今は沢山の八つ橋の店があり、色々な味を楽しむことができますが、こちらの季節の味の生八つ橋が好きです。

五建外郎です。水無月がおいしそうでした。

五建外郎
京都通いを始めたころ、こちらの赤飯の入った饅頭がとても珍しかったです。

土井の柴漬けも来てました。

土井柴漬け
この土井、大原の入口にあるので、レンタカーで大原に行くときは、寄ってたくさん買い込みますが、この頃はバスが多いのでデパ地下などでお土産用を少量買い込みます。

阿闍梨餅、京都では列をなして買い込んでいるようです。

阿闍梨餅
郡山のある菓子店から同じような菓子が販売されているせいでしょうか、人だかりはしてませんでした。

今日アップしたお店の品々は今回はパスしました。食べ過ぎになりますから(笑)。

次回は購入したものをアップします。

今日も訪問ありがとうございました。

冬至から1ヶ月

皆さんこんにちは。今日(23日)は朝から快晴でしたがやや風が強かったです。
最低は氷点下2℃、最高は9℃でした。

午前中は近所の友達の家に打合せに行って来ました。

午後は風は強かったのですが天気がいいので竹薮の整理をしました。

さて、昨年の冬至は12月22日でした。あれから1ヵ月が経ちました。太陽高度が徐々に高くなってきてますが、まだまだ寒中ですね。

会津のとある小学校のスキー大会に呼ばれたことがありました。1月26日でした。日中でも氷点下の寒さで凍えながら応援してました。
隣にいた保護者に「こんな寒い中でやるより、2月に入ってからやった方がいいですよね。」と言ったところ「2月に入ると雪質が悪くなるのでダメなんです。」という返事が返ってきました。
雪国の人は感覚的に2月に入ると雪質が悪くなると知っていたのでした。なんのことはない、太陽高度が高くなり、雪の表面が融けてそしてまた凍っての繰り返しで、ザラメ状になってしまうのでした。

今日の午後には昨日降った雪がほとんど融けました。玄関先です。

玄関前

昨日の朝です。
玄関前

松の雪も融けました。
松

昨日の松です。
庭

暖かさに誘われ、侘助も花数を増やしています。
侘助

フクジュソウは昨年1月9日には花をアップしてました。今年は暖かなんですが、なかなか咲きません。芽も出ません。
自然はなかなか思うようにはいかないものですね。

今日も訪問ありがとうございました。

雪の朝

皆さんこんにちは。今日(22日)は起きたら雪がうっすらと積もっていましたが、その後は朝から晴れました。
気温は最低が氷点下3℃と冷え込みました。最高は4℃まで上がりました。

昨晩はきれいなお月さまが見えましたが、深夜、雪が降って、また月が出てという感じでした。

今朝の雪の様子です。裏庭の松にも雪が。

裏庭

表の庭の松にも雪が。
庭

玄関先は。
玄関前

そして昼頃には通路は消えました。。
昼頃2

玄関先も消えました。
昼頃

フクジュソウと雪です。
雪とフクジュソウ

今朝のBSプレミアムで日本犬のルーツについてやっていました。縄文系の犬と弥生系の犬とが交雑してできたのが日本犬だとか。ただ、縄文系と弥生系との交雑の度合いが色々あるようです。北海道犬と沖縄犬は縄文系の血統を色濃く残しているとか。その先を辿って台湾やバリ島、カリマンタン島などの犬を取材してましたが、やはり縄文系の犬と類似しているようです。狩猟犬としての性格を持っている犬のようです。カリマンタンなどでは今でもイノシシ猟でイノシシを仕留めるのに大きな力を発揮しているようです。
それに対して弥生系の犬は番犬で、食べられた痕跡もあるようです。そういえば自分が若いころにはまだ犬を食べる風習が残っている所もありました。
縄文犬は縄文人と一緒に南方から。弥生犬は弥生人とともに大陸や半島からやってきたようです。
いずれにしろ、西洋犬に比べどちらも狼に近いとか。人にべたべたしないところがあるようです。

高度経済成長期まで自分の家にも柴犬がいて放し飼いでした。自分の家に限らず隣近所でも犬は放し飼いでした。
現在は放し飼いにできないので、繋がれていたりペットとなる犬が主流のようです。
熊やイノシシが人里へ侵入してくることが多くなってきましたが、色々原因は考えられますが、犬の放し飼いが無くなってきたことも一因かと思いました。

今晩もきれいな月が出てます。

今日も訪問ありがとうございました。
プロフィール

イングリシュガーデン

Author:イングリシュガーデン
守山周辺の出来事を少しずつご紹介いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR