FC2ブログ

縄文土偶

皆さんこんにちは。今日(23日)は彼岸の中日でした。一日雨が降ったり止んだりでした。
台風の影響で午後からやや強い風が吹いてます。
最低は17.5℃、最高は25℃でした。

朝のうちに墓参りに行って来ました。
ぼた餅と線香を手向けてきました。

午後に大安場古墳資料館に行って来ました。
今度、授業で使用する資料を見てきました。
縄文土器です。
田村町谷田川の荒小路遺跡から出土したハート形土偶です。レプリカです。

ハート形土偶1
この土偶、大英博物館や国立博物館に展示されました。

田村町細田の割田遺跡から出土した土偶です。今は群馬県立歴史博物館に展示中とか。

ハート形土偶2

田村町手代木の鴨打遺跡からは土偶のかけらが多量に出土しました。
土偶のかけら

時代は下がりますが田村町上行合の南山田遺跡から出土した5世紀前半の取っ手付須恵器です。
須恵器
どうも朝鮮半島からのものではないか、と考えられてます。

須恵器が沢山出て来ます。これらは田村町の遺跡から出土したものです。

須恵器
須恵器は朝鮮半島からもたらされたものが多いとか。
ということは守山周辺に渡来人がやって来ているということなのでしょうか。
地名に唐松(からまつ)駒形(こまがた)白幡(しらはた)神社などがあります。カラ、コマ、シラです。
須恵器(すえき)は焼しめられたグレーの堅い土器です。
それに対して列島で伝統的に作られ続けた土器が土師器(はじき)です。

土偶はもちろん縄文時代の土器です。
ハート形土偶は、田村町周辺から沢山出土しています。

縄文、弥生、古墳時代と人々が住み続けた田村町なのでしょう。

今日も訪問ありがとうございました。
スポンサーサイト



守山の戊辰戦争

皆さんこんにちは。今日は1日曇りの日でした。

午前中は吉川貞司先生の「守山の戊辰戦争」の講演会があり、聞いてきました。

ポスター
40名近くの方々が参加されました。

講演する吉川先生。御年88歳です。1時間半の講演をこなされていました。

講演する吉川先生

聞き入る人々。
聴衆
ほとんどシルバーの方々です。若い人たちは郷土の歴史にあまり関心が無さそうです。

守山藩は水戸の分家(御連枝)でした。幕末には水戸で天狗党の乱があり、藩内部で相克がありました。一時天狗党(尊王攘夷激派)が弾圧されましたが、その後復権しました。守山にもその余波は及びました。
天狗党復権の後、守山藩は「会津追討先鋒」を・・・という考えもありましたが、結果的に奥羽列藩同盟に参加します。
守山藩は常陸にも松川という領地があり、本家水戸家とは目と鼻の先でした。

守山藩は奥羽列藩同盟と尊王派の間を揺れていたようです。

奥州の守山藩はそういうこともあり、戦わずして降伏しました。
その後、新政府の支配の一端を担うことになり、大変な思いをしたようです。

今日も訪問ありがとうございました。

古文書講習会

皆さんこんにちは。今日(18日)の朝、起きると4,5センチの積雪がありました。ただ、朝から天気が良かったので、道路などの雪は融けました。
最低は早朝3時頃氷点下5.1℃まで下がりました。その後もずーっと氷点下。12時にやっと0℃まで上がりましたが、その後は再び氷点下に。寒い一日でした。でも、陽射しがあると何となく暖かさを感じます。

午前中は労働福祉会館で行われた「古文書講習会」に行って来ました。

午後は地区の同級会に行って来ました。同級生10数名いますが、今日は10名集まりました。もう、30年近くやっている同級会です。

今日は古文書講習会をアップします。
こちらがテキスト表紙です。51枚あります。

テキスト

1ページ目は郡山町の今泉家文書より、表題「定御壁書写」、享和二年三月(1802)
1ページ目
平たく言えば、お上からのお触れや達しです。

次に本日学習した1ページ目です。

本日のページ
一 侍共其外諸奉公人調物・・・などが見えますね。5行目あたり
二本松領主からの達しですね。郡山は二本松領でした。

講義の様子です。

講義風景
講師は1日2名。一人当たり4ページです。楷書にした資料を準備しています。
講師一人1時間10分くらいの講義です。

板書

板書
どの字をくずしているのかなどを板書しています。あるいは読み方を板書します。

おまけ  2月18日の12時20分の陽射しです。

2月18日
陽射しは畳から外れました。と、いうことは太陽高度が結構高くなっているということですね。今日のように寒気が来ても陽射しは暖かかったです。

今日も訪問ありがとうございました。

大安場古墳 その3

皆さんこんにちは。今日(22日)は曇り時々晴れ一時雨という忙しい天気でした。
昨晩から今朝6時まで23℃台で推移。最高は午後1時頃30℃に。しばらくぶりの30℃でした。

午前中は曇りで涼しかったので草刈りをしました。

午後は勤務していた職場の後輩が訪ねてきました。積もる話を2時間ぐらいしました。

大安場史跡公園の3回目です。
今日はガイダンス施設とその周辺について。
ガイダンス施設は腕輪形石製品をかたどっています。展示室や事務室、体験学習室などがあります。

駐車場よりガイダンス施設を望む。

ガイダンス施設

ガイダンス施設の中には資料展示室、体験学習室、事務室などがあります。
縄文時代の展示資料です。郡山は南北、東西の縄文文化の交わる所なので、様々な縄文土器が発掘されてます。

展示資料

古墳からの出土品の展示です。
展示資料1

刀剣類
展示資料2
古墳時代以外にも弥生時代、奈良・平安時代、中世等の発掘された資料の展示や解説が見られます。

ガイダンス施設裏側は芝生の庭が広がっています。時々イベントが開催されます。
ガイダンス施設裏側より

煮炊き体験場
煮炊き体験場

平日には小中学生が、休日には親子連れが訪れますので、雨の日のための屋外の遊び場もあります。
屋外遊び場
郡山にいらしたときは是非寄ってみてはいかがですか。JR郡山駅から20分ぐらいです。

今日も訪問ありがとうございます。

大安場古墳 その2

皆さんこんにちは。今日(21日)は重ーい雲が垂れ込めて時折雨も。午後は薄日も差しました。
最低は昨晩(20日)から今朝6時頃まで20℃台で推移。最高は午後に28℃でした。蒸し暑いです。

天気図を見ると南から太平洋の高気圧が張り出してきたので、南風が吹きよせ、いよいよ暑い夏に突入でしょうか。

午前中は雨もパラついたりして、本など読みました。

お昼に「福島県内【1本桜】番付表」に守山の「弥明の桜」を載せる打合せをしました。「桜を愛するアマチュアカメラマンの会」の主催です。

午後は「田村町郷土史研究会」の古文書の学習会でした。いつものように樫村家の「年中日記留」天保三年と「御郡方御用留帳」寛延三年でした。
「年中日記留」天保三年は七月十日から十三日まで。次回は十四日になるのでお盆ですね。
「御郡方御用留帳」寛延三年は七月廿六日から八月三日まで勉強しました。

大安場古墳の2回目です。

墳頂部から午(南)の方角を望みます。台地状になっており畑が続きます。

午

酉(西)の方角は平地が広がり、豊かな穀倉地帯が広がっています。おそらく古墳の主はこの平野で財を成したものと思われます。今は市街地になっている部分が増えてます。
酉

卯(東)の方角はやはり畑が広がっていましたが、今は住宅f団地になってます。
卯

子(北)の方角には2号墳が見えます。その向こうの森の中には白幡神社が鎮座してます。
子

木棺の足の部分には鉄の道具類が。
南

手の近くには鉄の武器類が。
中

頭の近くには腕輪形石製品がありました。
北
四方を見渡せる、つまり自分の支配している領域が見渡せるところに隠れたのですね。

今日も訪問ありがとうございます。
プロフィール

イングリシュガーデン

Author:イングリシュガーデン
守山周辺の出来事を少しずつご紹介いたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR